看護のお仕事 転職

看護のお仕事で助産師として転職した。結果は最悪2度使わない

1年前まで病院で看護師をしていましたが、子供が生まれた後子供の傍に出来るだけいてあげたいと思い、出来るだけ時間の自由がきく職場への転職を考え、看護のお仕事に登録しました。看護のお仕事は非常に評判が良いため、良い転職先を探してくれると思ったのです。
数日後、希望の仕事が有るということで連絡があり、聞けば産婦人科とのこと。担当者の話では、産婦人科は基本的に急患は少なく、スタッフも数人いるので自分の都合の良い時間に働くことができるとのことで、転職を決意しました。

 

実は他にもいくつか自分で見つけていた求人の候補があったのですが、担当者は一般の病院では急患の対応もあるため今までのように忙しくなってしまうこともあり、子供の事を考えると産婦人科の方が良いですよと言われました。産婦人科というと助産師の資格も必要なのではと思いましたが、担当者は、実際に仕事をしながら取ることも出来るので問題ありませんとの回答だったので、安心して転職を決めました。
実際に転職してみると聞いた話とは大違いで愕然としました。産婦人科は非常に患者さんが多く、毎日てんてこ舞いの状態で、とても休むどころではありません。しかも急患も多く、夜勤も以前にもまして増えてしまいました。院長先生も非常に忙しそうな状況で、自分の好きなときに休めるなんてことはまったくいえない雰囲気です。

 

しかも、私の事を助産師だと思っていたらしく、免許を持っていないといったら話が違うと怒られました。実際には助産師の資格を持つ人を紹介してほしいと看護のお仕事に依頼していたらしく、お願いした人と違うということで私に八つ当たりされました。我慢限界!看護のお仕事で新設病院の求人は見つからない!

 

そのような状態ので職場の先輩たちにもあまり良く思われておらず、仕事にしても何かに付けて看護師の人はこれだから困ると私の仕事のやり方に不満をぶつけられています。これでは助産師の免許を取るどころではなく、与えられた仕事をこなすだけで精いっぱいです。看護のお仕事に状況を相談したのですが、職場の内情までは口出しできないの一点張りで、なかなか取り合ってもらえません。このような職場を紹介しておいて、希望の職場を紹介したとは聞いて呆れます。どのような調査確認を行って、希望の仕事と考えるのでしょうか。

 

看護のお仕事は評判が良く、自分に合った職場を親身になって斡旋してくれると聞いていたのであまりにも意外でした。この仕事では子供との時間が全く取れないので、再度転職を考えています。但し、看護のお仕事はもう2度と使いません。
看護C2

看護のお仕事でミスったならもう一度看護師転職サイトを探そう

看護のお仕事で仕事を探したけど、結局理想の病院やクリニックを見つけれなかった人は多いのではないでしょうか?
そんな人にサイト管理人からアドバイスです。

 

もう一度転職サイトで自分にあった転職スタッフや転職サイトを見つけてはみませんか?
看護のお仕事のスタッフや転職サービスが合わないという人は多くいます。
(実はかなり強引な転職を強いられる人もいるそうです。)

 

嫌な場所を紹介されそうになったら絶対にNO!!といいその転職サイトは使わないようにしましょう。
他の転職サイトでもあなたにあったコンサルタントの人がいますし、きっと力になってくれるでしょう。
しかも色々な転職サイトに登録している方が非公開求人などを多き見ることができてとってもおすすめです。

 

まずは看護のお仕事以外にもナース人材バンクや看護ルー、ナースではたらこ、ナースフルなどたくさんの看護師転職サイトがあります。こういったサービスを利用して、あなたが満足できる転職をしましょう。

 

サイト毎にバイトや派遣に強いサイト、クリニックや病院に強い、関東圏に強い、関西圏に強い、地方の病院をたくさん知っているなど様々な特色があります。これは一つの転職サイトでは絶対にわからないことなので、多くのサイトに登録するメリットになります。

 

看護師の転職を探すなら失敗しない看護師転職.jpがおすすめ。専門知識も載っているので自分が忘れていた知識も思い出せるかも。。。